協会BLOG

平成29年度乳がん症例検討会

少し前になりますが…。
今年も7月29日(土)15時から兵庫県予防医学協会健診センター多目的室にて「乳がん症例検討会」を行いました。

参加者は、当協会の乳がん検診に携わっている医師、診療放射線技師、臨床検査技師他です。


まず、当協会の診療放射線技師より28年度の巡回乳がん検診の実績を報告させていただいた後、橋本クリニック(神戸市東灘区)院長 橋本隆先生に、症例報告および症例検討と題し、実際に画像を見ながら様々な症例について解説していただきました。

休憩を挟み、神戸市立医療センター中央市民病院 病理診断科 部長 今井 幸弘先生から「乳がんの病理所見と画像診断所見の対比」と題したご講演をいただきました。

その後、神戸市立医療センター中央市民病院 乳腺外科 木川雄一郎先生から、「高濃度乳房通知に関する諸問題」についてお話いただき、最後に神戸アーバン乳腺クリニック院長 小西豊先生にご講評を賜り、盛会のうちに終了いたしました。


暑い中を、多くの先生方にご協力、ご参加いただき、ありがとうございました。受診者の皆様に精度の高い検診を提供できるように、スタッフ一同、今後もスキルアップに努めてまいります。

関連記事

  1. 新年にそなえ、健診車を洗う写真です
PAGE TOP