地域保健

地域保健

平成20年4月から医療保険者(市町村国民健康保険、各種健康保険組合等)に「特定健診」と「特定保健指導」の実施が義務づけられました。当協会も公衆衛生を担う健診機関として、神戸市を始めとする各自治体からの委託を受け、高齢者、自営業、主婦等を対象とした、特定健診、結核検診、胃がん・乳がん・大腸がん等のがん検診を実施しています。

特定健診

平成20年4月から医療保険者(市町村国民健康保険、各種健康保険組合等)に「特定健診」と「特定保健指導」の実施が義務づけられました。

※運営についての重要事項に関する規定の概要
健診センター 健康ライフプラザ

内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)に着目し、糖尿病などの生活習慣病の予備軍を減少させる事を目指します。対象は40~74歳の健康保険加入の被保険者(被扶養者を含む)です。<高齢者の医療の確保に関する法律>

【特定健診と労働安全衛生法・学校保健法】
従来の労働安全衛生法第66条(労働安全衛生規則第44条)と学校保健法第8条では、従業員や職員の健康診断が事業主等に義務づけられています。これらに加え特定健診・特定保健指導が実施されることとなりました。

※労働安全衛生規則と学校保健法が改正され腹囲及びLDLコレステロールが追加されました。なお総コレステロールは削除されました。

 

PAGE TOP