協会BLOG

田辺眞人先生と『あすの健康・歴史を歩く』の写真撮影に

現在、兵庫県予防医学協会機関誌『あすの健康』の106号を作成中です。
5月というのに真夏のような気温のとある日、田辺眞人先生と一緒に写真撮影に出かけました。
今回は、お地蔵さんの撮影で明石から尼崎までの大移動です。

まずは、舞子駅近く。道路の向こう側にあるお地蔵さんです。


このお地蔵さんを横から見ると…。


北区の慶明へ。ん十年前に田辺先生が来た時には、周りには畑やたんぼしかなかったとか。すっかり住宅地となり、めざすお地蔵さんへたどり着くまでぐるぐると迷って迷って…。
ちなみに、このお地蔵さんは、神戸市の指定有形文化財だそうです。


次は、明石の船下町へ。密蔵院というお寺です。地蔵の写真を撮る田辺先生。
左の棚に並んでいるのは、サラダ油のボトルです。台所でも食品倉庫でもない場所にこんな大量になぜ?


最後は、尼崎武庫之荘。以前から田辺先生が気になっていたお地蔵さんだとか。


なぜ、お地蔵さんばかり4カ所も訪ねたか?
その答えは6月中旬発行の『あすの健康』106号をお待ちください。

関連記事

PAGE TOP