協会BLOG

第531回土曜健康科学セミナーレポート

6月24日(土)13時半から健康ライフプラザ5階で、第531回土曜健康科学セミナーを開催いたしました。
今回のテーマは、「あなたの腰痛は大丈夫?」です。

講師は神戸大学大学院医学研究科 整形外科学分野 准教授 西田 康太郎先生です。

腰痛は、ヒトの一生において7~8割の方が1度は経験し、就業年齢において休業を有する最も大きな疾患です。
原因は、脊椎に関連したもの、内臓疾患に由来するもの、精神面や心理面からの痛みの3つがあげられます。
脊椎に関連したものの中で代表的なものに、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、胸腰椎圧迫骨折、腫瘍性疾患などがあります。
手術による治療が必要な場合は、保存的治療に抵抗(薬物療法等に効果がみられない)、進行性の麻痺がある、膀胱直腸障害の発生(排尿などに障害がおこる等)、社会的理由(長期に休めない等)があります。が、手術による治療は、最後の切り札と考えます。
まずは、痛みの原因をきちんと診断し、状態にあわせた治療の選択が大切です。

腰痛に悩んでいる方が多いようで、たくさんの方々にご参加いただきました。
ありがとうございました。

次回は、7月8日(土)13時半から開催いたします。テーマは、「貧血のあれこれ―血が薄くなった時のために」、講師は神戸市立医療センター中央市民病院 血液内科 部長 石川 隆之氏です。

関連記事

  1. 大腸がん検診の検体の写真です
PAGE TOP