協会BLOG

今日から始める認知症予防実践教室

50歳でも早くない!90歳でも遅くない。
あたまとからだを動かして脳をいますぐ鍛えよう!

兵庫県予防医学協会制作・監修の「頭にいいラジオ!」が、月~木曜日の朝6時35分からラジオ関西三上公也の情報アサイチ」内で放送中です。

神戸市健康づくりセンター 健康ライフプラザ(JR兵庫駅前)では、ラジオで放送された内容を実際に体験していただこうと、昨年まで月に1回、「頭にいいラジオ実践編」と題した教室を開催していました。

そして今年4月からは内容をリニューアルし、バージョンアップ!
ラジオで放送された以外のプログラムを加えて、月2回(第2、第4火曜)の開催となりました。
第1回(4/11)のプログラムは、
「グーパー運動、すり足予防体操」、「思い出してみよう 運動会の思い出」、「スクエアステップ」。

グーパー運動で手を動かすと、脳の大きい領域の刺激となります。
すり足予防体操では、椅子に座ったまま、足を上手に動かすための体操を行いました。

水分補給しながら、リラックスした雰囲気で、運動会ことを思い出してみよう。
「徒競走の景品、1等がノートで2等が鉛筆で・・・」「そうそう!」
思い出したり、共感したり、整理して話すことが脳への刺激となります。

スクエアステップは、25センチ×25センチのマスが書かれたマットの上を
左右交互に足を置いて進みます。
足を置くパターンのお手本を見た後、自分のペースで再現して歩きます。
見るとやるとは大違い。
マットの端まで再現して歩けたら、達成感が味わえます。
足を置く場所に迷ったら、参加者どうしで「そこそこ!」と自然に応援が始まります。

次回は4月25日(火)に開催です。楽しく認知症予防の活動を行います。
皆様のお申込みをお待ちしています。ご予約・お問い合わせは、健康ライフプラザまで。

関連記事

PAGE TOP