細胞診

細胞診

細胞診とは、採取された細胞を顕微鏡で観察し、その形態学的所見から異常細胞を検出する検査法です。病変の有無の判定および病理組織学的診断を推定することを目的とし、専門の資格を有する細胞検査士と細胞診専門医が実施します。

細胞診は検体採取が比較的容易、患者負担が少ない、特徴所見がある場合は病理組織診断を反映するなどの利点があり、がん検診等に用いられています。科学的に有効と証明されたがん検診の方法には、子宮頸がん細胞診と、肺がん検診において胸部X線と併用される喀痰細胞診があります。

検査項目

子宮頸部細胞診

子宮頸がん検診では、子宮頸部の表面の細胞をブラシ等で擦り採り、スライドガラスに塗抹、パパニコロウ染色を施して顕微鏡で観察します。結果報告書に記載される判定基準は、以前はClass判定(日母分類・クラスⅠ~Ⅴ)が用いられていました。しかし現在では、検体の適否評価、診断の記述式記載、子宮頸がんの原因とされるヒトパピローマウィルス(HPV)に対応したベセスダシステムが主流となっています。また、標本作製方法は、ブラシで採取した細胞を液体固定する液状処理細胞診(LBC)が普及しつつあります。

喀痰細胞診(3日蓄痰法)

肺がん検診における喀痰細胞診は、胸部X線検査では発見が難しい、気管や太い気管支の早期がんを検出することを目的に、ハイリスク者に併用されます。保存液の入った容器に3日間の早朝の喀痰を採取し、遠心分離で細胞を集め、塗抹、染色して顕微鏡で観察します。判定基準はA~Eの5段階で表され、X線検査結果との総合判定で報告されます。

PAGE TOP